ツレが会社を辞めまして 

夫が会社を辞めました!夫実家でのセカンドライフについて赤裸々に綴っています。

真央さんの死に思うこと

真央さんの死について、いろんな方が書いているのを見るけど・・・なにが良くて、何が良いのかを論じることは無意味だと思ってる。スピにつなげて語ろうと、耳当たりのいい言葉を並べようと、バッシングしようと、それはその人の自由であって、誰かに制限されるものじゃない。なぜ人はすぐジャッジしようとするんだろう?

 

19の時に、大切な人を癌で亡くし、29の時に、娘を亡くした。どちらも当時の記憶がなくて、自分にとってどれだけ衝撃の大きな事実だったかが良くわかる。どちらもたくさんの人が私に声をかけてくれて寄り添ってくれて、どちらも10年以上の年月をかけて、乗り越えてきた。乗り越えてきたという表現があってるのかすらわからない。
 
悲しみの真っただ中は、どんな言葉も耳にしたくなかったし、逆にどんな言葉も慰めになり、どんな言葉も有難かった。でも、どんな言葉も辛くもあった。

本当の辛さや悲しみは、その人本人にしかわからなくて、結局は他の誰も、その悲しみを想像することしかできない。亡くしてからの日々をどう過ごしていくかも、本人が選ぶことであって、あーしたほうがいいとか、こーしたほうがいいとか、そんなのはどうだっていい。周りの人がどう思っても、それはその人たちの自由なんだよな。
 


娘を亡くして、いろんなことに傷つき苦しんできたけれど、その中で一番泣いて悲しめて、心癒されたのはスピ的な方から聞いた話だった。今は娘がただ生まれ、ただ死んだのだと理解できているけど、当時はそこに、何か理由をつけないと私が生きていけなかった。そんな時、支えになったのは私の痛みや苦しみを分かち合おうと寄り添ってくれた人たちの存在と、たくさんの人が欠けてくれた言葉の中の、ごく一部の私の心に響いた言葉と、家族の存在だった。娘の生と死に意味があったと思えたから、私は生きていけたといっても過言ではないかもしれない。

 

スピや使命で語ることがそんなに悪いことなのかな、と思う。それが知らない人だからいけないのか、知ってる人ならいいのか。知らない人にかけられた言葉が全部、私の心に響かなかったかといえばそうではない。知らなかった人ほど悲しみを理解してくれたこともあれば、温かい心をもらったこともある。丁寧に話してくれたことが心に刺さったこともあるし、特別な言葉は何一つなかったけれど癒されたこともたくさんある。どんな言葉でも、それが自分の意に沿う言葉じゃなかったとしても、私の悲しみに寄り添おうとしてくれている、ただその事実だけでよかった時期もあった。

 

まだ温かい手が、その温かさを少しずつ少しずつ失っていく時間。柔らかかった肌が固くなり、冷たく固くなるその時。その人のぬくもりや冷たささえ失ってしまう最後の儀式のあの絶望感。虚無感。なにもなくなったんだと悟るしかない、その時。いつだってあの瞬間に戻れる。いつだって、心の底から忘れられたことはないのだから。

 

うまくいえないけれど、だれがどう思おうと、その人の自由なんだ。自分のように悲しんでも、悲しまなくても、何か思ってくれても思ってくれなくても、言葉をかけてくれても、くれなくても、それで事実が変わるわけじゃない。悲しみが少し癒えることも、余計に傷つくことがあっても、それでも事実が変わるわけじゃないんだ。

 

失った人たちは戻らない。あのぬくもりは、もう戻らない。それを外野からガタガタいうのは野暮ってもんだよ。。。

 

愛だ使命だなんて嘘っぱちだと思いたければ思えばいい。スピは関係ないといいたければいえばいい。本当のところは、体験した人じゃないとわからないんだから。わたしはどんな言葉でも、わたしとあの人、娘に欠けれくれた言葉やこころに感謝した。ただそれだけなんだ。

 

死を悼む気持ちは、人それぞれ。わたしはそれを否定したくない。否定しないでほしい。

 

 

 

 

 

 

ステップメールとメルマガに便利なオートビズ

仕事で個人起業家の後方支援(事務管理とかメルマガ配信とか資料整理とかフライヤー送付とかいろいろ。。。)をしています。クライアント様のお仕事はコンサルタントや占い師、音楽家などジャンルは多岐にわかれているので、内容もいろいろ。毎日だったり単発だったりと仕事に入るときもそれぞれなのですが、もうかれこれ何年も後方支援のお手伝いをさせてもらっています。

 

今回は久しぶりにオートビズでのお仕事をいただいたので、オートビズについて書いてみようと思います。オートビズはステップメールやメルマガ配信に強いメール配信システム。メール配信システムはいろいろあるので、やはりクライアント様もそれぞれご自身の使いやすいものを使っているようです。どこも一長一短あるので、どんなふうに使いたいのか、予算はどれぐらいなのか、どの程度のPCスキルを持っているか、にもよりますよね。

 

オートビズを使うのは久しぶりなので、また使ってみてのレビューを追記したいと思います。他のメルマガスタンドについてもそのうち書いてみようかな。



好きを仕事にするということ

「好き」を仕事にする。これほど幸せなことはないですよね!でも、好きを仕事にするのは違うと実は習ってきました。仕事は求められるものをするのだと。あとは強みを仕事にするとうまくいくってね。相反する仕事に対する考え方。私はどちらも正解でどちらも間違っていないと思います。違いは視点ですよね。

 

うちの夫に置き換えてみればよくわかる話で。好きが一部仕事になった彼は、今のところ豊かではないけど生き生きと仕事はしてる。前のしごとよりずっと楽しそうだし、ずっと前向きだろうとは思う。だからといって、これがしっかり「仕事」「ビジネス」として成り立っているかというと、それは全くそうではない。もちろん、これには条件があって、「今は」ということでしかないんだけれど、好きを仕事にするとうまくいかないっていうのはここから派生するんじゃないかと思う。食っていけないよって。そういうことだよね。

 

わたしの好きは「猫」。あとはこうやって文章を書いたり、PC作業が好きかな~ PC作業も深堀りしていくと好きな作業と嫌いな作業に分かれていくけれどもwww 好きを仕事にする前に、自分の好きをしっかり探していかないと迷子になるよね。

 

猫の何が好きなの?PCのどこが好きなの??ひとつひとつ理由があって、好きが存在する。自分との対話っていつだって大事。もっともっと自分のこと、知っていかなきゃな~と思う。その先に、「好きを仕事にする」ことができるんだと思う。当たり前だけどやる前からアレコレいうんじゃなくて、まずはやってみる。それに尽きるよねw

 

猫があちらこちらに落ちている季節になった。夏ももうすぐ☆

 

f:id:lovelife2017:20170523140534j:plain

 

WPにオススメのテンプレート

久しぶりにWPなんぞ立ち上げてみようと思いまして、ゴソゴソとPCを漁ったら、いろんなテンプレートがでてきました。

 

WPって簡単に更新できて、けっこう綺麗なサイトが出来上がるので、長期的目線で考えるといつ削除されるかわからず、運営元のルールも勝手に改正されて、いろんな制限がかかってしまう無料ブログを長く続けるのならば、最初からWPを立ち上げることをお勧めします。立ち上げ当初は大変かもですが、一度立ち上げてしまえばメンテナンスは簡単だし、更新もブログと同じ。慣れればどってことないです。経費もそう掛かりません。ドメイン代とサーバー代ぐらい。これで好きなことが書けて好きなことができるならいうことなしですよね?

 

困るのはテンプレぐらいでしょうか。オススメはこちらの賢威(ケンイ)。アフィリエイト仲間が良く使っていたテンプレートです。久しぶりに覗いてみましたが、25000円でした。テンプレートの種類と内容、使い勝手から考えるととってもお得だと思いますね。

 

 

一応無料もいろいろ見ましたけど、無料はやっぱり心配。アップデートとか突然使えなくなるとか、、、どこかのサイトで「無料に責任を求めるのはお門違い」とありましたけどその通りだと思いますね。やっぱり必要な経費はかけないと。。。テンプレをケチるぐらいならWP使うなってヤツですかね。

 

もうちょっと他も見比べてみて、他に良さそうなのがなければまた賢威のお世話になろうと思います。

マヤ歴を調べてみた

女子というものは占いというものが大好きで…笑 冷静に考えてみると占いでなにかがすごく変わるとか、現実がめっちゃ動く、ということはないんですけど、占いって自分の気持ちを上げたり、自分を冷静に振り返ってみるときにはとてもいいですよね~。

 

ということで、私も占いはけっこう見てる方です。信じるかどうかはその時の気分によるかな( *´艸`) 今日はマヤ歴を見つけて調べてみたので、記録として残してみようと思います~。

 

使わせてもらったのはこちらのサイト。無料で結構な量が調べられますヨ。お時間あるときにぜひ。

mayareki.biz

 

ということで、わたしのマヤ歴。こんな結果でした

 

kin124 

太陽の紋章(健在意識) ウェブスペル(潜在意識) 銀河の音
黄色い種 白い鏡 音7

 ほほぉ・・・・

ってこれだけじゃよくわからないwww と思ったら、下に詳しく書いてありました!ブラボー!

 

f:id:lovelife2017:20170509144627p:plain

黄色い種

キーワード
「生命の種」「目覚め」「開花の力」「探究心」
 

●納得しないと気がすまない
種という言葉からも連想できるように
「物事の根本的な原因」「本質」「理屈」
を最初から納得できるまで追究したくなる人です。
理屈で物事を考える人です。
また、最初から説明しないと理解できない人でもあります。

●雑学大好き
いろんなことを知っている人ですが、周りの人にとっては、
どうでもいいような内容だったりします。
物知りも多いのが特徴です。

●絞り込んでから実行
「種」というくらいですから、決めて蒔きましょう。
くれぐれも、絞って種を植える事。
絞らないと、どこに何を植えたか分からなくなって
収集が付かなくなってしったり、
ギャンブルなど間違った方向に種を蒔くと、
そちらにハマってしまいます。

●気づきを得る
相手にも自分にも、気づかせたい、気づきたい。と思っています。
他人の良いところを見つけ開花させるのも得意です。
アイディアや知識で、影響を与える人なので、相談されることも。

●失敗すると最初から
他人から見ればなんでもないことでも、
自分が気に入らないと最初からやり直します。

●教師・学者・研究者タイプ
物事の原点にさかのぼって理解しようとします。
1から知りたがるし、納得したいという気持ちが強く、
人の良いところを開花させ、
とことん調べて深みにはまっていきます。

適職
原点を知る仕事が向いてます。学者・研究者・哲学者

 

うーわー丸裸www と思ってしまった太陽の紋章。これ、めっちゃ当たってます(笑)
納得しないと気が済まない、は本当にそうで、なんでも調べつくして自分が納得しないと進まない。一旦忘れてもまた調べ始めてしまう。なので、モロモロとっちらかってしまうのが難点。なぜそうなったのか、とか、なぜそうなるのか、理屈とか仕組みとか知るのが大好き。 絞り込めばよかったのね。なるほど。 失敗すると最初から、もなるほどです(笑) はぁ~?って言われるのよね!でも気になるんだよ。気になるとやり直したくなるんだよ~とココロの声w 教えるのはすごく好き♡ 適職には今のところ似ても似つかない場所にいるけど、それはまぁいいや。 次。潜在意識みてみよー。

 

f:id:lovelife2017:20170509144610p:plain

白い鏡

キーワード
「永遠の美・秩序・調和」「時間の超越」「自立力」
 

●礼儀・秩序を大事にする
約束を守らなかったり、その場の雰囲気を壊したりする人が嫌いです。
儀式や礼節を大事にします。

●自立心・独立心
他人に甘えることなく、自分のことは自分でやる。
という気持ちを持っています。
しっかりしてるというイメージがある
経済的にも精神的にも自立をめざす覚悟のある人です。

●はっきり言う
物事をはっきり言います。
言うことがあたっていますので、ぐさっとくることもあるかもしれませんが、
「誠実」で居たい、「自立心」が大事。という根本から出てくる言葉です。
本人は愛情表現だと思っていますが、時にはまわりから冷たく見られたり、
手厳しさを感じるなんて言われることも。

●誠実
不誠実を嫌います。
この人の近くにいると、なんとなく不正がばれるような気がしてしまい
相手が離れていくことも。波動が合わない人を跳ね除ける力を持っている
実直な人です。

●映し出す
「鏡」は、映し出すものを選ばないようにすべてを等身大で映し出します。
状況を客観的に物事を捉え、厳しく的確な判断をしようと努力をします。
ありのまま受け入れようとする人です。

適職
秩序が不可欠な公務員・哲学者・宗教家

 

ううーまたもや丸裸にwww 昔、適職についてましたね!(笑)今度は宗教家目指してみようかしら?

不誠実な人は嫌い。だからって自分が実直か、誠実かどうかは自信ないです。礼儀や秩序というか、ルール守らない人も嫌い。でもだからって自分が・・・以下同文(爆)物事ははっきり言います。わたしから出たものをどう捉えるかはその人自身だから、ということに気づいてからはさらにはっきり言うようにしたかも。それが冷たいと思われても、私には関係のないことデス。

 

最後に音。

 

f:id:lovelife2017:20170509144513p:plain 

キーワード

「調律する」「チューニングする」
 

●情報に敏感
自分から探したり、求めなくても情報が集まってきやすい人です。
すべての情報が正しいとは限らないので、
情報の精査、どの情報を選ぶか、整理することが
大事なポイントとなってきます。

バランス感覚
音は13個あり、その中の真ん中に位置します。
真ん中なので、バランス感覚があり、調整能力に長けています。

通常であれば、人に頼らずとも自分で結論が出せる人です。

●神秘的な性格
自分自身も周りも理解しがたいところがあります。
よくも悪くも「自分探し」をする人です。

真ん中の「7」なので、
自己完結型あるいは、自分で自分がわからない不可解さから
神秘的な印象や謎めいた性格の人が多いようです。

人間関係
基本は自己完結型ですが、
スランプやパニックに陥ると
どうしようもなくなって自分が見えなくなってしまいがちです。

「音2」「音12」の人など、
冷静なアドバイスをくれる人を持つことがスムーズな人間関係を築きます。

運気アップ
キーワード「絞る」
何に絞り込むか、何にチューニングを合わせるかが
大事なポイントになります。

その絞りこむものの波長に合わせることができた時、
思わぬ情報を拾うことができます。

それが、ラッキー7の由来のようです。

適職
「ひらめき」や「発想力」を求められる仕事。
自然と集まってくる情報を精査しビジネスを仕掛けるのも
面白いかもしれません。

 

ここでも出た。絞るwww ひらめきと発想力かー。音2と音12の人を探そうかな!

 

なんのために結婚したのか、について考えてみた

今日はちょっと備忘録的な回顧録で。結婚の話を書いてみようと思う。

   

昨日、学生時代の友人と話していて、なんで結婚したの?という話になった。なぜわたしを選んだの?と夫にはよく聞くのだけれど、自分が結婚に求めていたものってなんだろう?とふと思ってしまったのである(笑)

 

結婚はするものだと思ってて。できないと本気で思ったことはたぶん一度もない。結婚はするもの。それがわたしの前提。夫と結婚前に、真剣に結婚を考えていた人がいたけれど、その人とはあっという間に終わってしまった。終わってしまったんじゃないな。わたしが終わらせたのだ。わたしが結婚に求めているものは、たぶんこのときにはっきり決まったのだと思う。

  

わたしが結婚に求めているもの、つまり旦那さまに求めているものはただひとつ。

『いつなんどきでも、わたしが求めるときはわたしを一番にして欲しい』

これに尽きると思う。わたしが求めないときは2番だろうと最後だろうとどうでもいい(笑)なんとも抽象的にも思えるけれども、わたしが結婚に望んでいることは本当にシンプルにこれだけなのだ。ただ、わたしが求めるときはわたしを見てほしい。わたしを優先してほしい。わたしのしたいことをして欲しい。わたしの求めに応じて欲しい。なんとわがままな願いだろうか(笑) 

 

これを叶えてくれそうだと思ったのが今の旦那だった。とにかく大切にしてくれたし、わたしの話をよく聞いてくれた。そしてなによりわたしの気持ちを優先してくれた。これが安心感と信頼に繋がり、この人となら結婚してもいいかな、と思えるようにまでなった。この人ならわたしのことを幸せにしてくれるかな、と。

   

16年が経とうとする今、振り返ってみて思うことは、この人を選んだこと自体は間違ってはいないということ。時折不満はあっても、おおむね彼はわたしのことを一番に思ってくれている。ううん、極論わたしのことを一番にしてくれてなくても良いのだ。わたしにそう思わせてくれているならそれでオッケーなんだから。

  

そしてね。ひとつだけ間違っていたことに気づいた。わたしは誰かがわたしのことを幸せにしてくれると信じてた。これは間違いだった。

 

幸せは、だれかにもらうものではない。誰かを幸せにしたいという気持ちは持っても、誰かに幸せにしてもらおうなんて思うものじゃないんだ。幸せになるもならないも、わたし次第で、そこを他人に任せちゃだめなんだ。幸せになる、と決めて、そうなるようにひとつひとつ選んでいく。小さなことも大きなことも、ひとつひとつの選択を大切に大切にこなしていく。幸せはその先に得られるものだと、今のわたしは思う。そして、わたしは今、幸せなんだなと心から思う。

  

結婚してもうすぐ16年。いろんなことがあった。笑ったり泣いたり怒ったり拗ねたり(笑)  喜怒哀楽の激しい16年だったと思う。これからどうなるか、は今のわたしの選択にかかってる。今日のわたしが明日のわたしを作り、明後日のわたしに繋がる。わたしの未来をわたし以外の誰かに託すことなく、しっかり繋いでいこうと思う。

 

彼と結婚してよかったなと、心から思う。わたしと結婚してくれてありがとう。

 

ツレが仕事を辞めて四ヶ月目に思うこと

夫が仕事をやめて4ヵ月になろうとしています。結論からいうと、やっぱり仕事はやめるべきではなかったように思います(笑)今のところはですが。辞めたことによるメリットもたくさんあったし、以前よりイキイキとはしてるけれども、状況はどんどん悪化しているだけのような気がします。

 

なにがいけないって、やっぱり自覚がないこと。何度もいうけど、少しも危機感がない。キャッシュが生まれない状況で毎日のんきに過ごしていることが恐ろしい。恐ろしく感じているのがわたしだけだということも恐ろしいけれど。

 

2月は知人に雇ってもらって少しアルバイトをしたのだけど、一ヶ月働いて元々の給料の3分の1にしかならなかった。3月はもともと外せない遠出の予定が入っていて、アルバイト代はすべてその旅費に消えた。

 

やれることはいろいろやったけれども、出ていく固定費の方が大きすぎて、なんの足しにもならなかった。これからどうやって暮らしていくのか心配しているのがわたしだけなのは何故なのか。

 

一応新たな事業は始めたけれども、これがキャッシュになるのは来月末の話。ため息ばかりの今日この頃。

  

明日また、耳の痛い話をせねばなるまいね。。。何度話せばこの状況がかわるかな?いつになればこの話が笑い話になるかな。