読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ツレが会社を辞めまして 

夫が会社を辞めました!夫実家でのセカンドライフについて赤裸々に綴っています。

旅行中に話し合った、いろんなこと

夫が仕事を辞めた経緯

夫が仕事を辞めるといい始めたのは旅行中の出来事でした。車で夫婦二人での旅行中でした。契機となったことは別にあったのですが、この時初めて、夫の胸の内を知りました。また、数か月かけて自分の気持ちと向き合うことになるきっかけにもなりました。

 

旅行中はただただ感情のままに夫婦で語りました。なぜ辞めたいのか、なぜ今なのか。それしか手段がないのか。今じゃないとダメなのか。どうやって生活していくのか。これからどうしていくのか。子供たちを育てていけるか。ある程度不自由なく生活することは可能か。親はどうやって説得するか。

 

夫はこれまでもそうでしたが、あまり自分の気持ちを話すことをしない人。わたしはどちらかというと、解決のために口にする。アウトプットしながら結論を出していく感じ。彼は黙っている時間がながく、私はひたすらしゃべっている。なぜ?どうしてそう思うの?を繰り返し繰り返し尋ねていく。それに対する自分の意見を言う。旅行中はほぼこんなやり取りで時間を費やしました。

 

晩御飯を食べた後、その夜の宿泊先を決めずにただひたすら車を翌日の目的地まで走らせる、ということもしましたね(笑)真夜中の道の駅には思った以上に人や車がいてビックリしました!どこを走ってもコンビニがありますから、道中何か困ることはなかったですね。夫が貝のように黙って困ったぐらいw でもこの時間も本当に貴重な時間になりました。

 

夫とはだれもがうらやむぐらい仲良しで、いつでも二人でいて。いろんなことを共有してきたつもりでした。でも、私が知らない彼の胸の内はたくさんあった。私も彼に話していないことはたくさんあった。そんなことを改めて知った旅行になりました。

 

生きていく上でなにを一番に優先させるかは人それぞれですが、私は夫を、夫の気持ちを優先させたかった。何より彼に、彼らしい、後悔のない人生を歩んでほしかった。結局はそれが、私が彼を応援する理由となり、彼が退職を決意するきっかけにもなりました。

 

夫が仕事を辞めたら、苦労するに違いない。子供にだって窮屈な思いをさせるかもしれない。つらい思いもさせてしまうかもしれない。でもそれでも、今やりたいことがあるということ。今しかやれないことがあること。たくさんの選択肢をひとつひとつ精査していく長い長い夫婦共同作業が始まりました。